リアルタイムレンダラー

突然ですが、ツールの紹介です。

近年リアルタイムレンダラーのクォリティアップと、プリレンダリングのスピードアップ

が急速に進んでいます。

 

つい先ほど見つけたリアルタイムレンダラーを紹介します。

インタラクティブ・リアルタイムレンダラー HyperShot[ハイパーショット]

ビジュアル・ソリューション – エヌテクノロジー株式会社

 

どちらとも体験版をダウンロードすることが出来ます。

それぞれ違うレンダラーですが、共に高性能です。

びっくりしました。

image154l

この画像はHyperShotのものです。

ほんの数秒です。modoのプレビューレンダリングのような感じにレンダリングが進みます。

 

昔Lightwaveを使っていた時にFprimeというレンダラーがあり、使用しておりました。

そのレンダラーはレンダリング画像を絶えず更新してゆくタイプのもので

HyperShotやmodoのプレビューレンダリングのように、ほおって置くとレンダリングし続けます。

Fprime自体の発想、基本設計は10年以上前にさかのぼるそうです。

その当時に発売されていたら今頃Lightwaveはすごいことになっていただろうと思います。

 

最近は色々な会社が既存の3Dアプリケーションでプラグイン形式として利用できるレンダラー

を数多く作っています。

今後、淘汰が始まってくるとは思いますが、果たしてどういったものが残ってゆくのか見ものです。

リアルタイム描画の仕事なので、レンダラーは仕事とは全く関係ないのですが、個人的興味の尽きない分野です。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です