Substance Designer – エッジをぼかす

随分と間が開いてしまった、、

 

で、続きではなくて、他のこと。
エッジがボケたマスクを作る時。

 

image_n001
まず初めに、PatternsからShapeノードを出す。
image_n002
パターンの種類はデフォルトのSquareで、サイズをちょっと小さく。ここでは、0.89。
image_n004
次に、Blursから、Blur HQ Grayscaleを出す。
値は、Qualityを1、Intensityを16程度。
image_n005
次に、ノイズを加えるために、Noisesから、今回は、Cloud2を使用。
image_n006
右クリックで、メニューを出し、Add NodeでBlendを選び、ノードを生成。
image_n007
AdjustmentsからInvert Grayscaleを出しておく。
image_n011
Blur HQ Grayscaleのアウトプットを、BlendのBackgroundに接続。
image_n012
Cloud2をBlendのForegroundに接続。
image_n013
Blur HQ GrayscaleをInvert Grayscaleに接続して、されにそれを、Blendのマスクとして接続。
image_n014
BlendのBlending ModeをMultiplyに変更すれば、エッジをぼかした上に、エッジ部分だけにノイズが入ったマスクが完成。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です