SubstanceDesigner – マテリアルのトランスフォーム

ノーマルの回転だけでは使いにくい、一層のことマテリアルごと回転させたい。
そんな事を考えました。
早速作っていると、ノーマルの回転をチュートリアルムービーで公開しているのを発見。
なので、今回はそっちの方法を参考に作り直しました。
違うのは、スケールとオフセットもできることです。

 

PBRになって、複数のマップの集合をマテリアルと表現するようになった。
そもそも、それ以前の形式でも同じではあるが、PBRでは3Dツールでパラメータをいじるよりも、
マップにすべての情報を入れてしまう。というのがコンセプトでもあるから、からーやラフネスやメタリック、ノーマル
といったマップの集合などをマテリアルと表現するようだ。
なので、複数のマップを同時に回転させるので、マテリアルトランスフォーム。

 

試してみた。
2015_04_14_034
分かりやすいようなマテリアル、GameTexturesの中に入っているものでテスト。
2015_04_14_035
180度回転させて、ノーマルもきちんと回転されているのを確認。

 

ここまで作って、ふと思ったのは、タイリングテクスチャであれば、「Safe_Transform」のように、タイリングを保った
トランスフォームができるとさらに便利だなぁ。
ノードのエクスプレッションをPixselProcessorに組み込めば可能になる。
ちょっと面倒なので、今回はとりあえずそのままで。

 

ファイルはこちらです。

 

MODO901が発表された、、早いなぁ。
実はしばらくMODOを使えていない、、この先しばらく使えなさそう、、すごいストレス、、
なので、今回は見送りかなぁ。
MeshFusionが組み込まれるって、、買った人は割り引いてくれればいいのになぁ。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です