ZBrush 3Dcoat xNormal knald

ZBrush4R6が少し前に出ました。
リトポ機能が優れたようです。
四角形のポリゴンだけでリトポしてくれるのはありがたいが、細かい調整ができない。
なので、5角形が混じることがあっても手動で整えられる3Dcoatは欠かせない。

 

xNormalを使ってノーマルを作成してみました。
とりあえずのテストなので、適当なモデルを作りました。
2013_07_26Image_01
これを3Dcoatでリトポし、xNormalでハイモデルとローモデルを読み込んで、ノーマルベイクです。

 

更にknaldでオクルージョンとその他のマップも焼いて、3Dcoatで、合成。
2013_07_26Image_02
モデルがモデルだけに、ほとんど効果はありませんが、もっと複雑なものであれば、それなりの効果が出ます。

 

そもそも、3Dcoatでボクセルモデリングしていれば、ZBrushすらも使う必要がなくなる。
でもスカルプトの楽しさはZBrushの方が高いと思う。
うーん、悩みどころだ。一つのツールで完結させたほうが良いといえば良いし、
自由度や編集のしやすさは3Dcoatに分があるように思う。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です