ZBrush – Terrain Tools

TerrainToolsというZBrushのプラグインを買いました。
gumroadではいつも無料のものばかりをダウンロードするのですが、今回は2.5ドルの有料ツールを買ってみました。

 

WorldMachineを使わずに、侵食がきれいにできるか、疑問だったのですが、中々です。
しかも速い、、
そして、各種マップも出力でき、それらをSubstanceDesignerで合成すると
2017_03_15_6064
こんな感じです。

 

これがたった3百円程度のプラグインで生成できるって、凄いですぇ、、
因みにZBrushでは、
2017_03_15_6066
こんな感じに生成され、SubstanceDesignerで見るのとほぼ同じようにできます。
あぁ、2年前にあれば、だいぶ助かったのに、、

 

そんなかんなで、驚いていたら、
こんなものを見つけましたが、
何なのでしょうか?
リンク元を忘れましたが、Unityで動いていたような気もするのですが気のせいでしょうか。

 

それはそうと、今後テクスチャはフォトスキャンが主流になるだろうなぁ、などと思っていたのですが、
SubstanceDesigerではScanProcessingというカテゴリが追加され、一つの素材を4から8方向の照明で取った写真を元に、
各種情報を再現させる、という方向性を提示し、どちらも一長一短の手法のように思います。
特にフォトスキャンの場合は、取ってきた素材が、現像した後に使い物にならないことがわかるとゲンナリしますし、
Substanceの手法の場合は、特殊な自作装置でも作らない限りは、スキャンするのが難しそうです。
そんなことを思っていると、こんなものがありました。
Nvidiaが作ったようですが、Unity上でフォトスキャン、という感じでしょうか?
ノートパソコンを持ち歩いて、その場で現像出来るようなので、これは中々良さそうです。

 
と、思ったら、さらにこんなのもあります。
トラッキングツールのようですが、下の方におまけのような形で、メッシュの出力、各種マップの出力が出来る。というようなことが書いてあります。
ああ、これが最強ですね、、
以前シーグラフで、撮影した動画を元に、陰影を抜いたアルベドとメッシュ形状を生成する。というようなものがありましたが、あのテクノロジーなのでしょうか?

 

いやー、進化がはやいですねぇ。
進化と言えば、MayaのUV編集、とてつもなくパワーアップしていて、ビックリでした、、うーんMODOより便利かも、、

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です