ZBrush – TerrainTools – とりあえずの地形

とりあえずの地形の作成方法を書いておきます。
最も手っ取り早く、それなりものも、という感じのものです。
まずは「1024」のボタンでドキュメントサイズを1024に変更します。
2017_04_03_6128
どうも1024に最適化されているのか、自分が主にそれでやっているからなのか、1024での効果が最も良いように思います。
次にベースを作ります。
「Elevation」をデフォルト値のまま適用します。
2017_04_03_6129
ドキュメントいっぱいに凹凸を付けてくれますが、透明部分があります。
このままだとその部分に効果がかからなくなるので、一旦「Filters」の中の「Crest」をデフォルト値で適用します。
2017_04_03_6130
この状態で再び「Elevation」をデフォルト値で適用します。先程からデフォルト値をしつこく書いておりますが、
もちろん値を変更しても構いません。ただ、それでも十分である、ということです。
2017_04_03_6131
そして、「Slides」を適用します。これもデフォルト値で構いません。
2017_04_03_6132
そして最後にもう一度「Crest」を適用します。
2017_04_03_6133
この状態から侵食を始めてゆきます。
まずは「Hydraulic Erosion III」のプリセット「5」番から。
2017_04_03_6134
そして同じく「Hydraulic Erosion III」のプリセット「1」番。
2017_04_03_6135
そして「Hydraulic Erosion III」の「4」番。
2017_04_03_6136
最後に「Hydraulic Erosion III」のプリセット「6」番を適用します。
2017_04_03_6137
この状態で「Make 3D」を押すと、3Dに変換されます。
2017_04_03_6138
恐らく最終的には他のサイズにしたいときも1kで作成し、後から2k、4kに変換したほうが良いように思います。

 

途中「Terraces」で地層を作ったり「Defrazer」で一部膨らませたりするのもありだと思います。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です