ZBrush – TerrainTools – Erosion

突然ですが、ZBrushのTerrainToolsのErosion(侵食)のプリセットについて、記事にします。
まぁ、備忘録です。
パラメータが沢山あるので、全部を試すのは大変なので、とりあえずプリセットに登録されている値を比較してみました。
まずは元になる地形をTerrainToolsで適当に作ります。
erosionBase
上図が元になる画像で、これにプリセットを適用してみます。
プリセットといっても、TerrainToolsには、
「Erosion」
「Hydraulic Erosion I」
「Hydraulic Erosion II」
「Hydraulic Erosion III」
と4種類もあります、、
使ってみた感じ、「Hydraulic Erosion III」がそれ以前のものの大抵を内包しているように見受けられます。
もちろんそうではないから残してはいるのでしょうが、今のところ使ってみてそのような印象を受けました。

 

まずはただの「Erosion」
erosion
さすがにパラメータも少なく、2つしかありません。ちょっとぬるい印象を受けます。
次に「Hydraulic Erosion I」ですが、ここからプリセットが追加されますので、プリセットの番号順に掲載します。
Ps1
erosion_I_1
Ps2
erosion_I_2
Ps3
erosion_I_3
Ps4
erosion_I_4

「Hydraulic Erosion II」
P1
erosion_II_1
P2
erosion_II_2
P3
erosion_II_3
P4
erosion_II_4

「Hydraulic Erosion III」
1
erosion_III_1
2
erosion_III_2
3
erosion_III_3
4
erosion_III_4
5
erosion_III_5
6
erosion_III_6

 

以上です。
始めのうちは色々と使っては見たのですが、最終的には「Hydraulic Erosion III」に落ち着きました。
5で、細かな凹凸を作成し、1で裾野の情報量を増やし、3か4で必要があれば深い谷を作り、6で川筋を作成する。
というのが、今のところ定番です。
2はちょっと侵食が強すぎ、砂っぽい地形の作成に特化した感じがします。

 

次はとりあえずのベースの作り方を書いておきます。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です