ZBrush買いました

2013_02_01Image_01
随分と更新が滞りました。
先週だったかと思いますが、ZBrushを買いました。
この円安の中、もう少し待てば日本の代理店を通すのと変わらない値段になるまで待ってみようかなぁ、
などと思っておりましたが、何となく、と言った感じで、買ってしまいました。

 

で、R5になって色々と変わったので、メモとして自分がはじめにやっておくべき設定を書いてみます。
まず、「Space」キーを押して出てくるメニュー、もしくは画面上部の「Draw Size」にある「Dynamic」を「オフ」。
どうやらMudBoxのようにビューの操作によって、ブラシのサイズが動的に変更できるようになったようです。
はじめにMudBoxでこれを使った時には感動しました。
しかし、ZBrushでのモデリングになれると、ビューの縮小をブラシの拡大として使ったほうが手っ取り早いことが分かり、必要なくなりました。

 

「Preferences」>「Interface」>「Enable RightClick Popup」を「オフ」。
これでタブレットを使っている時に意図せず右クリックの操作が誤作動しなくなりました。これは嬉しい。

 

後、クイックセーブの機能を切りたいけれど、切ることはできない。とりあえずファイルの数を少なく設定することだろうか?
トランスポーズの使い方が少し変わっている、、

 

後なんだろう。忘れてしまった。これだけかな?
UIのカスタマイズを少しいじりブラシを画面の下に表示されるようにしてみた。画面が小さければ使いやすい。

 

「See-through」というパラメータが画面上部にできております。スライダーを動かすとデスクトップが透けて見えるようになります。
下絵として何かを表示させるためだろうか?
Spot Lightで表示させ、「Brush」>「Samples」>「Spotlight Projection」をオフにしたほうが良いように思う。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です