ZBrush4 久々のZBrush

image931l
そういえば、久しぶりのZBrushで久しぶりの画像の投稿です。

 

ZBrushを久しぶりに触りました。
すっかり下手になっている。元々大したことはないが。
作り始めて1時間くらいでしょうか、紆余曲折しながらやっております。
(ビューはこの角度で、この部分をこういじりたいんだよなぁ、)とか考えてしまいます。
すると、(じゃあ粘土でやれば良いじゃない。)
で、(それはそうなんだけどさぁ、、)と自問自答しております。
慣れればもっと効率的に手が動くのでしょうが、そのへんはまだまだです。

 

因みに、
image932l
これが元の形です。
できるだけセグメントを切らずにZBrushに持ってゆきました。
感想としては、確かにその方がサブディビジョンレベルを大きく上げることはできるが、
形の制御が難しい。
ある程度セグメントを切って持ってゆくのも、形を締める、という意味合いからで言うと良いのかも知れません。

 

そういえば、MudBoxを更に久しぶりに触りました。ちょっとだけですが。
どのくらいの負荷に耐えられるのだろうか、と細分化をしたところ、意外と大きく上がりました。
使い勝手は知りません。なにせもう何年も触っていません。
うーん、意外といけるのかも。と思ったくらいです。
海外でCGをやられている方々で、ZBrushとMudBoxを併用している人がいますが、あれはどんな意味があるのだろうか。
気が向いたらその辺も身を持って体験してみようかと思います。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です