ZBrush4 – マスクや非表示を正円、正方形にする方法と中心から描画する方法。 – パース

アホみたいに下らない小技なのですが、フォトショップのショートカットに慣れていると、ついつい忘れそうなので書いておきます。
ZBrushのマスクのショートカットは、「Ctrl」キーがショートカットに割り当てられており、非表示は「Ctrl」+「Shift」が割り当てられています。
そしてデフォルトではマスクは、ブラシ、非表示は矩形となっています。

 

マスクの形状を円、または矩形にしたい場合は、「Ctrl」を押しながら画面左の「Brush」から「MaskCircle」を選ぶことで可能になります。
image888l

 

そして、その下の「Stroke」から「Square」のスイッチを押すことで、正円、正方形になり、「Center」のスイッチを押すことでポインタの中心から描くことが出来ます。
image889l

 

非表示でも同じように動作します。
それと、パーツについてなのですが、画面右の「Presp」スイッチを押すことで、切り替えが可能です。
パースなし
image890l
パースあり
image891l

 

体を作る時はそれ程気にする必要も無いかと思いますが、顔を作る時はパースを付けたほうが良いように思います。
というのも、普段見慣れている顔はパースがかかっている。という事が重要のように思います。もちろん好き好きです。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です