ZBrush4 始めにしておく設定

2013_02_08Image_01
随分と変わりました。

 

なにせ、やり直しです。
保存しておいたと思ったプロジェクトファイルがどこを探しても見つからない。
よくよく考えてみると、クイックセーブに頼っていた。
次に続きをやるときはそれを持ってくればいいや。そんな感じです。
で、ZBrushを起動してからメールチェック、ブラウジング、さて始めよう。
と、プロジェクトファイルが見つからない。で、クイックセーブをライトボックスで見ると、
空白の空間が保存されている。
クイックセーブのファイルは1つに設定してある。要するに消えた。

 

で、やり直して気づいたのですが、さほどメッシュを細かくしていないにも関わらず、ファイルが重い。
それもそのはず、アンドゥがファイルに保存される上、初期設定で1万回のアンドゥが設定されている。
「Preferences」>「Undo History」>「Max Undo History」で変更できる。
で、起動時や終了時に入る画面のフェードを切るには、
「Preferences」>「Interface」>「Misc」>「Fade In Duration」をゼロに。

 

ブラシの機能として加わった、「Dynamic」によるブラシサイズの変更は、ディテールを追加する際にはとても重宝することが分かった。
切り替えることができるのはすごく便利だ。

 

で、SpotLightは毎回テクスチャを読み込んでいたが、「Texture」>「Save Spotlight」で現状のスポットライトの設定を保存できる。
これも便利。

 

追記2013/2/20
「Preferences」>「Interface」>「UI」>「Buttons Size」
を38、アイコンを小さく。
「Preferences」>「Interface」>「UI」>「Wide Buttons」
をオフ、ボタンのサイズを小さく。
「Preferences」>「Interface」>「Palettes」>「One Open Subpalette」
をオフ、複数のサブパレットを開いた状態にする。
「Preferences」>「Interface」>「RightClick Navigation」
をオフ、右クリックの誤作動をなくす。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です