ZBrush4 – ShadowBoxとClipCurve

あまり深く理解していないので、ご了承ください。あくまでも備忘録程度です。
ShadowBoxを最も手軽に使う時は、Lightboxから取り出すと良い。形状が余程複雑でない限りは128で恐らく十分。
image892l

 

ただ、この方法でShadowBoxを使うとすでにツールを読み込んでいる場合は消されてしまうので注意。
あくまでもサブのものをある程度作って、最終的に合わせるようにして使う場合の方法。
マスクで生成したいオブジェクトを描いてゆく。その時に、Tool>SubTool>Polishの値を低くするとかどばった形状が作られる。デフォルトは「10」
image893l
デフォルト
image894l
Polish「0」
丸を描くとこうなる。
image895l

 

Tool>SubTool>ShadowBoxのスイッチを押すと、ShadowBoxが解除される。
解除する前に「Duplicate」をしておくと、ShadowBoxの状態で複製できるので、念のため取っておきたい場合、少し違う形状を作る場合などに便利。
image896l

 

そして、「ClipCurve」、ビデオを見るとあたかもオブジェクトを切っているように見えるが無理やり押し込んでいるだけ、Trimブラシの応用だと思う。
「Ctrl」+「Shift」で非表示ツールをアクティブにし、「ClipCurve」を選択。
image897l

 

切る方向に注意して切る。切られる方は引かれる点線のグレー側が切られる。(書いていて意味が分からない。使い方を忘れた頃に読み返してみても理解出来ないと思う)
image898l
断面を見ると、無理やりであることが分かる。
image900l
しかし、ワイヤー表示を無くすと全く無理やりで無いようになっている。凄い。
image901l
でも細かい形はやはり無理。こんな感じにカットしてみると、
image902l
一見うまくいっている。
image903l
ビューを回転させると。
image904l
あらら、安っぽい手品を見た気分になります。

 

ツールの特性を見るために粗探しのような事をしましたが、使い方によってはこの2つはとても強力に機能します。
「スタジオプロジェクト: リアルゲームキャラクター」では拳銃を作っていますが、なれると普通の3Dツールよりも手早くできそうです。ハンドメイド感が否めませんが、解像度があるのである程度カバーできます。
もっと慣れなければ、使いこなせない。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です