雑記76 – リサイクル

すっかり更新が滞ってしまいました。
個人的な環境の変化で、特に記事に出来るようなことはありません。
今読んでいる本を読んでから雑記を書こう、と思っていると同じ事を繰り返します。
結局書くのすら忘れてしまう。もっとも、どうでもいいことなので、まぁいいや、となってしまう。

 

武田邦彦さんのブログを読んで、自分なりの考えを書いてみようと思うのですが、あまりにも情報が膨大すぎて手がつけられない。
その中でもリサイクルの現状について書かれておられるので、そこを切り口に書いてみようと思います。
武田さんは現在のリサイクルに対して数々の指摘をされております。
平たく言ってしまうと、リサイクルできていない。尚且つ、およそ3倍のエネルギーと余計な物質を使う、という矛盾が生じている。
詳しくはブログを参照していただきたいのですが、これもあまりにも情報が膨大でどこに書いてあるのか覚えていません。

 

以前清掃工場の現場で働く人に話を聞く機会がありましたが、そのかたが仰るには、
燃えるゴミとして集められたものの殆どが食料残渣で、それらは火がつかない。
なので、燃えないゴミとして集められたプラスチックを砕いて着火剤として使っている。ということを話されていました。
そして、リサイクルゴミとして集められたものはリサイクル業者に渡す。となっているそうです。
リサイクルゴミのその後を武田さんは書いています。リサイクル業者は自社でそれを燃やすそうです。
役所としては業者に渡した時点でリサイクルされた、とカウントするようでその分がリサイクル率に反映されているそうです。
何とも馬鹿げたシステムです。

 

また、武田さんはプラスチックを燃やす時に発生する。という謳い文句で登場したダイオキシンについても書かれております。
どうやらダイオキシンとは自然由来の化学物質で、人類とは古い付き合いのようです。
塩素系のものと何かが約300度の熱で燃やされた時に発生するそうです。
要するに焼き鳥だ。と書いていらっしゃいます。
イタリアの工場で起きた爆発により、大量のダイオキシンが散布されたそうですが、その後の調査でもそれによる被害が見受けられなかったそうで、
むしろ発がん率に関しては他の地域よりも低い値が出たそうです。
自分もダイオキシンは人体に悪いものだと思っていたのですが、ここまでデータを出されると、納得してしまいます。
だからゴミは燃やすべきで、業者に渡して程度の落ちる焼却炉ではなく、自治体が持っている焼却炉で焼くべきであることを指摘されています。

 

そして、それらの事象が起きている要因の多くが特定のテレビ局にあることを指摘されています。
確かに地球温暖化やエコ運動は相当怪しいものだ、と思ってはいましたが、本当にそこまで酷いのでしょうか?良く分かりません。
ただ、元々40%あった二酸化炭素が現在は0.04%になってしまっている。0%になったら生命活動ができない。だったら化石燃料を燃やして二酸化炭素を放出するべきである。と、ありました。
うーん、凄いです。確かにそうだ。完全に鵜呑みにしてしまうのは如何なものかと思いますが、少なくともテレビよりはデータが揃っているので信用できる、かと思います。
いや、個人的には文章を読んでいて感じる人柄から信用ができる。そう思います。ただそうはいっても人間なのでバイアスが掛かっている。くらいの感じで良いかと思います。

 

前置きが長くなりました。
その、現代のリサイクル。という事を知ることで、司馬遼太郎さんが「菜の花の沖」で書いていた当時のリサイクルと経済活動の描写を思い出しました。
司馬さんは戦国期から江戸期の間に6倍程増えた日本の人工について、まずは書き出します。
そこには、世の中が安定した、ということだけではなく、綿製品が普及したという事実が果たした役割が大きいのではないか、と考えたそうです。
それまでの日本人は麻で服を作っていまいした。麻は綿に比べて保温性に劣ります。
しかし、綿は元々熱帯の植物で、温帯である日本では生長させることが容易ではありません。
そこで、北の方で獲られる鰊を魚肥として畑に与えることで日本でも綿の栽培が可能になったことを書かれていました。
関西で作られた綿が京、大坂で綿製品として加工され、貴族や豪商がそれを使い、その古着を近江商人が買い取り、北前船で東北を始め、日本各地に運ぶ。
そして着物として使い倒されたそれらは、赤子のおしめとなり、それとしても使えなくなると雑巾として使い、さらにそれでも使えなくなると、竈の火付けに使って使いきったそうです。
リサイクル、というよりもとことんまで使い倒す。

 

武田さんのブログにもありますが、フィンランドのリサイクルについて書かれていることろがありました。
そこでもやはり使い倒す。ということが書かれております。
現代のリサイクルは形あるものを一度崩して、もう一度形を作ろうとします。一番いいのは洗って使う、だと思いますが、それでは衛生面や耐性で問題が出る。
要するに現代の物の使い方が間違っている。うーん、それも正確ではない。間違っているのではなく、効率が悪い。
そして、そうすることで経済活動は効率良く回る。なるほど、そっちが優先か。これを書いていて分かりました。
平和な時代に生まれた事を実感します。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です