雑記89

複雑系について色々と書いておきたい事があるのですが、滞っております。

 

どうも最近仕事が楽しく、相当体力を使っているようで、家に帰って子供を寝かしつけると、一緒にそのまま寝てしまいます。
楽しさの原因はひたすらPythonです。
家に帰って、無事に寝ずに済んでも、PyscripterでPythonです。

 

この業界に入って仕事が楽しいのはいつ以来だろうか。等と考えてしまいます。
初めの頃は、自分で動いてキャプチャを撮って、それを修正しつつ、スクリプトでタイミングやブレンドの具合を調整しておりました。
とても楽しかったのですが、それ以上に覚えることが多すぎて、毎日てんやわんやでした。
その後仕事の形態がどんどん変わって行き、今ではもやは自分が作っているものがゲームに関係するのかも良く分からなくなりました。

 

しかし、MayaはCGツールとしてはどうしても好きにはなれませんが、スクリプトを使って色々やる分にはとても楽しい。
modoはCGツールとしてとても好きだが、スクリプトを使って色々やるには自分にとって障害が高い。

 

Mayaの利点は、検索すると直ぐに引っかかる。要するにユーザーが多い、ということが挙げられるかと思います。
それに対して、XSIはどうでしょう。
XSIからSIに名前が戻されたのは何かの陰謀ではないか、と疑ってしまうほど検索で引っかからなくなりました。
日本においてはユーザー数も少ない上に、キーワードがより一般的なものになってしまうともはや絶望的です。

 

うーん、折角だからXSIのスクリプトも何か作りたいなぁ。XSI自体久しく触っておりません、、
もっとPythonを勉強してクラスが使いこなせるようになりたい。それが今の願いです。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です