雑記91

Mayaでウェイトエディタを作ろうか、と着手したのですが、意外なほどに必要な機能は簡単に付けられました。
しかし、ペイントを実行させる所でPythonからmelを使わないとできないところがある。
うーん、悔しい。
絶対にPythonだけで出来るはずだとは思うのですが、資料が少ないので、仕方なくコマンドを実行してmelを書き写しています。

 

絵もそうだが、何かを習得するには模写、写本といったように、先人の作ったものを手本にするのが一番いい。
ということを改めて実感します。なるほどなぁ、と感心しきりです。
きちんと出来たらアップします。

 

それと、modo601、リトポにかんしては3Dcoatがあるからいいや。
と、大して触っておりませんでしたが、トポロジペン、良いですね。ちょっと感動しました。
リトポだけではなく、普通のモデリングにもある程度使えそうな気がします。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です