あけましておめでとうございます。

新年が明けました。

 

コミケに来ていただいた方々、買っていただいた方々、誠にありがとうございました。

色々と中途半端で申し訳ない限りです。

 

自分としましては義理を果たしたので

もういいかな、と思っております。

 

毎度場違いであることと、この国が裕福であることを痛感させられます。

 

 

今後は自分のペースでこのページを更新してゆこうと思います。

 

今後はmentalmillを使ったシェーダの開発、

リグの構築、に重点を置いて進めてゆこうと思います。

 

ゆくゆくはmentalmillで作ったシェーダを自作のビューアに読み込むことが出来るようになれば、

mentalmillでシェーダを作り、XSIで適用しながらモデリングを進め、ビューアに出力する。

というデザイナーにとっては夢のような開発環境が実現できるかもしれません。

 

どうもゲーム開発の現場では3Dツールの見栄えとゲームエンジンの見栄えが違うので

それを想像しながら作らなくてはならない、というのが普通になってしまい、いまいちやりづらいです。

大手は自作のエンジンでそういったことが可能な環境が調っているらしいですが、

自分はそのような環境を見たことがありません。なので楽しみです。

 

さらにゆくゆくはグラフィックエンジンだけではなく、ゲームエンジンとして進化を遂げてゆけば

かなり面白いことになるのではないでしょうか?

まずはゲームエンジンとしては簡単なアドベンチャーゲームエンジンでしょうか?

 

エンジンを作るのは自分ではないので、大きいことは言えませんが。

 

コミケで販売する。ということが前提にあったので所有しているXSIを使わなくてはならなかったのですが、

販売を考えなければModToolで良い訳なので、今後はModToolで作ってゆこうと考えております。

ウェイトの保存はできませんがGATORが使えるのでそれほど問題は無いかと思います。

今までのデータは販売したものなので、公開する気はありませんが今後作ってゆくデータに関しては

出来る限り公開してゆくつもりです。

 

今後とも何卒宜しくお願い致します。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です