ゲーム開発会社

CGとは関係ないのですが、ゲーム会社つながりということで紹介させていただきます。

Developer Tableというページです。

当時自分が所属していた零細開発会社までもが網羅されております。

なくなった会社もあり、博物館の様相をも呈しております。

とてつもない情報量です。どこから仕入れたのでしょうか、不思議です。

ゲームつながりでもうひとつ。

fuzzy interfaceというページです。

過去にあったダンジョンマスターというゲームを

再現したフリーウェアです。

自分はリアルタイムではやっておらず、これではじめてやりました。

これをやったのもずいぶん昔ですが衝撃でした。すごいです。

暇があったら是非。

さらについでに、

PC88ゲームライブラリというページです。

昔持っていたパソコンです。

それで発売されたゲームの数々を見ることが出来ます。

これこそ博物館です。ザ・80年代といった感じでしょうか。

熱気がムンムンと伝わってきます。(自分だけかもしれませんが)

今回は調子に乗ってゲーム関係の事を書かせていただきました。

またレンダリングをしております。

今回は大体30分くらいで終わるレンダリングなので、

微調整をしながら何度もやっております。

昨日はそのままやめ際を見つけられず朝を迎えてしまいました。

今日はそうならないよう注意しながら進めてゆきたいと思います。

では、今日はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です