雑記9

自分は見たこと無いのですが、静かな水面に花粉を置くと、ふらふらと動くそうです。

ブラウン運動と呼ばれています。

花粉のように軽いものだと水素分子の運動に影響されるそうで、それが為に独りでに動くそうです。

 

自分の書いているものを読み返してはいないのですが、

どうもそのようにふらふらと動いているようです。

 

書いても意味はないし、書かなくても意味はない。

何事かをなす事に意味を求めること自体が愚かなことですが、どうしてもまだ怯みます。

まぁ、そんなこんなと色々あって生きてゆこうと思う次第です。

 

先日書いた重み、の話ですが補足します。

どうもこの重みという言葉を通してみると、人間の歴史というものの断面が見えてきます。

歴史上の偉人を人は偶像化し、崇拝に似た気持ちを抱くかと思います。

最近はどうも過去だけでなく、現在の偉人に対してもそういった感情をいだくかと思います。

 

最近は、というのも変な話ですが、リアルタイムに偉人が一般人に知られるようになったのはここ最近の話です。

日本では西郷隆盛が初めのようです。

それ以前の人はその階級の人だけ、その地方だけというローカルなものになります。

 

話を戻します。

そういった偉人と変人との境は何か、良く天才と変人は紙一重だ。と言います。

どうやらどちらも一般の人に比べて何かに対して異常に重み付けがなされている人、という事ではないでしょうか?

孔子は、その物事が好きな人間には到底かなわない。というような言葉を残しています。

好きという異常な重みが寝食も忘れさせ、絶えずバイアス(フィルタ)のかかった視点で物を見るようになります。

知覚したことの大半が一点に集中すると、当たる確率が高くなる。と、変な言い方ですが、

新たなブレイクスルーを創りだすきっかけが出やすくなる。ということかと思います。

 

宝くじで当選する人の大半は宝くじを買い続けている人だそうです。

若干関係ありませんが、要は確率の問題です。

 

そして、そういった個人が対象とするものは、外界です。他人の集団、世間です。

その重みで形成されたものが世間的に役に立つ、あるいは共感を呼ぶものであれば、認められ天才と呼ばれます。

そうでない場合は奇人、変人と呼ばれます。

 

そして、世間というものが持つ常識は時代により180度も変わり、場合によってはさらに180度かわり元に戻ることもあります。

どうも最近は歴史上の人物や、現存の偉人と呼ばれる人たちに対して個人的に思ってしまうのですが、

おもろいおっさんだなぁ。という感想しかありません。それで十分のような気がします。

 

最近中国では子どものDNAを調べてその子の特性を予め知っておく、という事が流行っているそうです。

中国人らしい、都市化社会ならではの発想です。

 

どんなに優れた道具も使いこなせなければ役に立たず、どんなに使い勝手の悪い道具でも体を慣れさせれば十二分に役に立ちます。

はじめから優れていたほうが良いじゃないか。という意見が出そうですが、ヒトゲノムが解析されたとはいえ、

人はおろか、大腸菌すらも人間は作ることができません。

遺伝子の研究をしている人から言わせると、遺伝子以外に何か情報が存在しない限りは生命を作り出すことはできない。と言います。

 

人を育てるのは教育です。

幼い頃の衝撃は良くも悪くも人生に大きな影響を与えます。

そういう意味で言うと宝くじと同じで、いい衝撃に出会うのは運の要素が必要。ということが言えるかと思います。

じゃあ、運ならなんともしようがないじゃないか。となりますが、どうもこれも違うようです。

 

やはり宝くじにつながりますが、続けることに意味があります。途中で終わればそれまでです。

生命体である限り、心配しなくても死亡率は100%で、明日はこの世にはいないとも言い切れません。

そんなことを考えても意味はなく、ただただ続けることに意味がある。むしろ続けることしか方法が見つからない。

後ろ向きなのか前向きなのかもよくわかならいですが、そんな思いをいだきます。

 

恐らく多くの現代日本人がそうであるかと思いますが、自分も多分にもれず数学が苦手です。

これは現在学校で教えている数学に問題があるかと思います。

入試試験を前提に作られた問題は、人をふるい落とすことを目的としているので、意地が悪く作られています。

そんなものに接してまともに取り合うほうがどうもおかしいようです。

そんな中でも数学が好きな人とは、恐らく早いうちに良い衝撃に出会えたのだろうと思います。

 

学校を卒業して独学で色々と勉強してゆくと、目からウロコがたくさん落ちます。

もっと若いうちに知っておきたかった。などと思っても意味のない事です。

 

どうも学校では答えのあること、もっと言ってしまうと、多くの人達が認める仮説がある程度の答えとして認知できるものを

正解とし、それを羅列しているだけのような気がします。

その中にあって、確たる答えを出すところに数学の魅力があるのかと思います。

 

どうもそういった学校教育を受けていると、全てのものに答えがあると錯覚してしまいます。

自分もかつてはそう思っていました。

本当の自分とは何か?本当の人生とは何か?

 

今のところ自分が出した答えは、その答えは自分以外に知り得ない。

自分が知っている範囲でしか分からない。

たくさんの知識を得たところで面積という連続量が増えるだけで、分割量である個人の1は変わりません。

よって、その答えは自分が知っている。それが答えだ。

と、強引につなげるとこうなります。なんだか証明問題を思い出しました。

 

仮説についての面白い話を思い出しましたが、長くなるのでやめておきます。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です